生ケーキならではの活用法|格安の結婚式でも十分に幸せを感じることができる

格安の結婚式でも十分に幸せを感じることができる

ウェディング

生ケーキならではの活用法

繋いだ手

ラッキードラジェを入れる

結婚式のウエディングケーキは、以前はケーキ入刀を行う部分だけ生で、ほとんどはイミテーションのケーキが主流でした。しかし今ではすべて食べられる生のケーキを使うケースが主流になっていると言われています。生ケーキになったことで、結婚式の演出にこれが活かされるようになりました。招待客が全員参加できる演出として人気なのが、ラッキードラジェです。アーモンドをチョコレートでコーティングした上に、シュガーペーストを加えています。これをウエディングケーキに入れて、中にラッキードラジェがあった人にプレゼントを贈ります。いわゆるスイーツサプライズの一つです。プレゼントはゲストの年齢層も考えて選んだほうが喜ばれます。

ケーキを食べさせる

生ケーキだからこそできる結婚式の演出が、ケーキバイトです。新郎新婦がお互いにケーキを食べさせるファーストバイトや、親にも参加してもらうラストバイトなどがあります。友人たちに参加してもらいたい場合は、サンキューバイトもいいでしょう。ケーキバイトごとに意味が全く異なるので、どれを演出に採用するかで感動できるかが大きく変わります。ファーストバイトは新郎新婦がお互いのきずなを深めることができる演出です。自分たちの両親にも結婚式に参加してもらいたい、感謝の気持ちを込めたい場合は、ほかの二つのケーキバイトが適しています。新郎新婦が両親にケーキを食べさせるサンキューバイトか、両親が最後に食べ物を子供に与えるラストバイトが感動的です。